東欧ニュース
 東欧ニュース

日本工営ら、ウクライナの下水処理場改修事業を受注

政治
経済
投資
海外進出
イベント・セミナー
その他
東欧ニュース 新着30件






























日本工営ら、ウクライナの下水処理場改修事業を受注

このエントリーをはてなブックマークに追加
受注額39億円
日本工営株式会社は6月5日、ウクライナのボルトニッチ下水処理場改修事業に関する入札支援・施工監理業務を受注したと発表した。

契約額は約39億円で、日本工営を幹事とする3社による共同企業体(JV)がキエフ市上下水道公社から受注した。JVは同社を含め、株式会社TECインターナショナル、日本水工設計株式会社からなる。サービス期間は2018年6月から2025年までの88か月。

日本工営
本邦技術活用条件(STEP)適用事業
今回受注した事業では、水処理施設、汚泥処理施設、汚泥焼却施設の新設・改修事業が行われ、日本の優れた汚泥処理・焼却技術の導入が見込まれる。

このため、下水道事業としては珍しい本邦技術活用条件(STEP)適用事業となり、ウクライナでは2例目のプロジェクト型円借款が供与されている。

キエフ市民の衛生環境・居住環境の改善に向けて
今回改修されることになったボルトニッチ下水処理場は、首都キエフ市の人口約280万人分の下水を処理する巨大下水処理場である。1日あたりの処理能力は157万立方メートルだという。

だが、同下水処理場は築50年と老朽化が激しく、下水処理能力の低下による悪臭およびドニエプル川の汚染など市民の日常生活に影響を及ぼす問題が発生していた。そこでキエフ市は、衛生環境および居住環境の改善に向け、同下水処理場の改修を行うことにした。

日本工営は、 全体管理や土木・建築、構造、積算、契約管理の各パートを担当。同社は今後も、総合技術コンサルタントとしての実績やノウハウを活かし、幅広いコンサルティングサービスの提供に努めていく意向だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

日本工営株式会社 プレスリリース
http://pdf.irpocket.com/C1954/N62G/CErP/kUAT.pdf


Amazon.co.jp : 日本工営 に関連する商品



  • マグナ、チェコにBMW向けシート生産工場を開設(10月17日)
  • デルファイ、ルーマニアにグローバルITセンターを開設(10月12日)
  • リトアニアで日本語作文スピーチコンテスト開催!(10月4日)
  • Leoni、セルビアに4カ所目の工場を建設(10月4日)
  • 国交省、シベリア鉄道による貨物輸送パイロット事業を開始(8月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索

    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ