東欧ニュース
 東欧ニュース

横河電機、ボスニア・ヘルツェゴビナで排煙脱硫装置向け制御システムを受注

政治
経済
投資
海外進出
イベント・セミナー
その他
東欧ニュース 新着30件






























横河電機、ボスニア・ヘルツェゴビナで排煙脱硫装置向け制御システムを受注

このエントリーをはてなブックマークに追加
西バルカン諸国では初めて
横河電機株式会社は11月29日、ボスニア・ヘルツェゴビナのウグレヴィック石炭火力発電所に導入される排煙脱硫装置向けに制御システムを受注したと発表した。

ウグレヴィック石炭火力発電所は、同国を構成する行政区画の一つであるスルプスカ共和国に位置し、出力30万キロワットの発電容量を誇る。これは、同国における発電容量の約4分の1に相当する。

だが、同発電所は硫黄含有率が高い褐炭を燃料としているため、高濃度の二酸化硫黄を排出するという課題があった。

横河電機
YOKOGAWAが受注した製品は、排煙脱硫装置の監視制御を行う統合生産制御システム「CENTUM VP(センタム ブイピー)」。この排煙脱硫装置を設置することで、同国の環境改善はもちろんのこと、将来、EU加盟を視野にいれたEU環境基準を達成することが期待される。

なお、排煙脱硫装置向け制御システムの設置は西バルカン諸国において初めて。中東欧の排煙脱硫装置向けには、ブルガリアやルーマニアの大型石炭火力発電所に制御システムを納入した実績がある。

地球環境保全に貢献
今回の受注は、同装置を供給するコンソーシアムの構成メンバーである三菱日立パワーシステムズ株式会社と横河電機の子会社である横河ソリューションサービス株式会社の販売代理店である新川電機株式会社の契約によるもの。

プロジェクトの遂行は、Yokogawa GesmbHとYokogawa Europe Branches B.V. のセルビア支店が行うこととなる。

統合生産制御システム「CENTUM VP」の納入は2018年8月までに行われ、2019年10月に稼働する予定。

「CENTUM VP」は、コントローラのCPUに二重化照合方式(Pair&Spare方式)を採用し、高信頼性を実現した。また、汎用PCでのエンジニアリングや保全業務の効率化が可能となる。

YOKOGAWAは今後も、排煙脱硫装置の導入など環境対策プロジェクトへの提案を積極的に行い、地球環境保全に貢献していく意向だ。

(画像は横河電機 ホームページより)


外部リンク

横河電機株式会社 プレスリリース
https://www.yokogawa.co.jp/


Amazon.co.jp : 横河電機 に関連する商品



  • 中国の玲瓏タイヤ、セルビアに欧州工場建設プロジェクトを始動(4月3日)
  • アポロタイヤの取締役会長、ハンガリーからメリット勲章を授与(11月8日)
  • マーレ、ハンガリーに同社初の電動コンプレッサー生産工場を開設(11月3日)
  • マグナ、チェコにBMW向けシート生産工場を開設(10月17日)
  • デルファイ、ルーマニアにグローバルITセンターを開設(10月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->